研究のマッピング

無形文化遺産保護に関する研究のマッピング(2013年度~2019年度)

2013年度よりアジア太平洋地域の無形文化遺産保護に関連する研究情報の収集に基づいた事業を実施しています。本事業は保護に関する研究の動向や課題の分析を通じて、アジア太平洋地域における無形文化遺産保護のための研究の活性化を図るものであり、IRCIの事業活動の中核をなすものです。アジア太平洋で活動する専門家による研究活動を把握することにより、無形文化遺産保護を妨げる重要な問題を特定し、解決策を議論するため、2016年度より本事業を細分化し、国際シンポジウム/専門家会合、文献調査、データベースを通じた研究データの活用と最適化の3つの事業として、実施、運営しています。

国際シンポジウム/専門家会合

2013年より下記国際シンポジウム及び専門家会合を実施してきました。

文献調査

2014年度よりアジア太平洋各国の専門家と協力し、文献調査を実施しています。

これまでに、2097の文献、111の専門家、111機関のデータを収集しています。(2018年3月現在)

データベース

2014年度よりアジア太平洋地域における無形文化遺産保護に係る、文献、専門家、関連機関及び行政官の情報検索データベースの公開を開始しました。情報交換や調査研究活動促進の基盤となる環境を目指し、2,319件のデータを収録しています。(2018年3月現在)

研究データベース

PAGE TOP