日本:東京都、大阪府、滋賀県                             [詳細はこちら]

2011年2月1~5日

 

主催: 国立文化財機構、文化庁

共催: 東京文化財研究所

協力: 国立民族学博物館

後援: 日本ユネスコ国内委員会

 

セッション1 無形文化遺産保護に関する日本の行政制度

文化庁文化財部 主任文化財調査官

菊池健策
セッション2 日本における無形文化遺産の保護および目録作成

東京文化財研究所 無形文化遺産部部長

宮田繁幸
セッション3

地域と民俗学: 国立民族学博物館制作の映像記録、奄美大島の「八月踊り」について

国立民族学博物館 民族文化研究部准教授

笹原亮二
セッション4 国立民族学博物館について~その役割と使命

国立民族学博物館 副館長 

田村克己
セッション5 長浜曳山祭と情報発信

長浜曳山文化協会

西川丈雄、漣泰寿

 

 

Case Study Report Sharing Lecture of the Training  Course
事例研究報告の共有・交換 研修コースの講演

 

参加機関リスト

  • Bangladesh Shilpakala Academy (Bangladesh)
  • Royal Academy of Performing Arts (Bhutan)
  • Ministry of Culture and Fine Arts (Cambodia)
  • Ministry of Culture (China)
  • Ministry of Culture and Tourism (Indonesia)
  • Mongolian National Commission for UNESCO (Mongolia)
  • Ministry of Culture (Myanmar)
  • Ministry of Federal Affairs, Parliamentary Affairs and Culture (Nepal)
  • PNG National Commission for UNESCO (Papua New Guinea)
  • Philippines UNESCO National Commission (Philippines)
  • Ministry of Education Sports & Culture (Samoa)
  • Ministry of Culture and the Arts (Sri Lanka)
  • Ministry of Culture and Sports (Uzbekistan)
  • Ministry of Culture, Sport and Tourism (Vietnum)