国際シンポジウム “無形文化遺産をめぐる交渉”を大阪にて開催

IRCIは国立民族学博物館と文化庁との共催により、国際シンポジウム 「無形文化遺産をめぐる交渉」を、2017年11月29日(水)から12月1日(金)にわたり、国立民族学博物館(大阪)にて開催しました。

基調講演にスヴァニボル・ペッタン氏(リュブリャナ大学芸術学部音楽学科教授・国際伝統音楽評議会(ICTM)副会長)を招き、「中央・南東部ヨーロッパにおけるユネスコとICTMに関する無形文化遺産の交渉」をテーマにお話をしていただきました。続いて、3日間にわたり、下記セッション1~4をテーマに、9カ国の12名の研究者より各研究事例の発表と議論が行われました。

セッション1.遺産とコミュニティの再文脈化

セッション2.遺産をローカルに定義する

セッション3.協働と介入

セッション4.博物館と文化復興

このシンポジウムのレポートは2018年3月にIRCIより出版予定です。
また、2019年には国立民族学博物館より論文集として出版予定です。

※当シンポジウムは、IRCIによる、アジア太平洋地域における無形文化遺産保護のための研究活性化を目指す、「アジア太平洋地域の無形文化遺産保護に関するIRCI研究者フォーラム」プロジェクトの一環として開催されました。

☆プログラム詳細はチラシをご参照ください

ペッタン教授による基調講演

国際シンポジウム参加者