自然災害事業でのベトナム予備調査

2016年12月14~20日、野嶋洋子アソシエイトフェロー(IRCI)および久保田裕道無形民俗文化財研究室長(東京文化財研究所)の2名で構成されるIRCIの調査チームは、新事業「アジア太平洋地域の無形文化遺産保護と災害リスクマネジメントに関する予備調査」のためベトナムを訪問しました。

調査チームは、ハノイ、フエ、ホイアンにおいて、災害リスクマネジメント及び文化遺産領域で活動する様々な研究機関や研究者を訪問し、一連のミーティングを通じてベトナムにおける災害リスクマネジメントの現状及びその文脈での無形文化遺産の位置づけについて情報収集を行いました。訪問した全ての機関や大学は本事業に大きな関心を寄せていたことから、情報共有にも協力的で、非常に前向きな議論を行うことができました。

問い合わせ先:野嶋洋子

 ベトナム民族学博物館でのミーティング