無形文化遺産分野で活動するユネスコカテゴリー2センターの第3回調整会議に参加しました。

IRCIは、2015年7月6日-8日に中華人民共和国貴州省貴陽市で開催された、無形文化遺産分野で活動するカテゴリー2(C2)センターの第3回調整会議に参加しました。この会議は、無形文化遺産分野のC2センターの活動を調整し、センター間及びユネスコとの連携を促進するために、ユネスコ無形文化遺産課が毎年開催しています。今年度の会合は中国C2センター(CRIHAP)が共催し、ヨーロッパ、アジア、南アメリカの6センターから代表が集まりました。IRCIからは荒田明夫所長と児玉茂昭アソシエイトフェローが出席し、ユネスコ委嘱の外部評価についてのセッションを担当しました。他のC2センターもその運営や活動に関わる様々な課題を提案し、議論を通じて今後一層の連携強化を図ることを確認しました。